298

チョコレートとニキビの関係性を知ろう!

昔から、チョコレートやポテトチップを食べるとニキビができるなんて言われていましたが、それって本当なのでしょうか?チョコレートやポテトチップには、どんな問題点があるのか、ニキビとの関係について詳しく調べてみました。

チョコレートはニキビの原因にならない?

チョコレートやポテトチップを食べるとニキビができる――。なんて話を聞いたことがありますよね。何となく昔からそう言われていたため、チョコレートはニキビの大敵なんてイメージが定着してしまいましたが、そこにはちょっとした間違いがあるんです。実はチョコレート本来の成分は決して肌に悪いものではありません。むしろチョコレートの原料であるカカオには肌に良い成分がたくさん含まれているんです。例えば主な脂肪分であるステアリン酸・オレイン酸・パルミチン酸などには抗菌力や肌バランスを整える働きがあります。また、カカオポリフェノールには抗酸化作用があり肌トラブルを防ぐ効果があります。問題なのはチョコレートに含まれる糖質と動物性の脂質。この2つの成分が皮脂腺を刺激し、皮脂で毛穴を詰まらせてしまうのです。また、これらはコレステロール値を上昇させ、血流を悪化させることで肌の代謝を乱してしまいます。その結果、正常にターンオーバーがされなくなりニキビが発生しやすくなってしまうのです。ちなみにポテトチップは糖質(炭水化物)と脂質がセットになった食品なのでニキビが気になる人は控えるべき。

ステアリン酸・オレイン酸・パルチミン酸とは?

ステアリン酸には抗菌力があり、オレイン酸にはコレステロール値を下げる働きがあります。また、パルチミン酸にはビタミンAを安定化させて、肌バランスを整える働きがあります。

体にとっても良いカカオポリフェノールとは?

カカオポリフェノールには食物繊維、カルシウム、ミネラル、鉄分、亜鉛などが多く含まれています。また、ポリフェノールには心を落ち着かせてくれる効果もあるのでチョコレートを食べることでイライラを抑えることができます。

基礎代謝を上げることでニキビが防げる!

つまり、チョコレートそのものが肌に悪いわけではないので、カカオの比率が高く糖質が少ないものを選べば問題はありません。最近ではスーパーやコンビニでも、カカオ○○%と書かれたカカオ比率の高いチョコレートがたくさん売られているので、そういった商品を選ぶようにしましょう。ちなみに、ホワイトチョコにはポリフェノールなどの成分が含まれておらず糖質も高めなので控えた方が良いでしょう。ちなみに、ニキビは肌の代謝が悪化することが原因なので基礎代謝を上げることでニキビを防ぐことができます。ストレスを溜め込まない、寝不足を解消する、適度に運動をする、など基礎代謝を上げる方法はたくさんありますが、オススメなのは酵素をたくさん摂取すること。酵素には消化酵素と代謝酵素と呼ばれるものがあり、これらは体内で作られる酵素です。でも食生活の乱れなどで消化酵素を大量に浪費してしまうと、代謝に使われるための酵素が不足して基礎代謝がダウンしてしまうんです。代謝がしっかり行われるように不足しがちな酵素をサプリメントで補ってあげると良いでしょう。

ニキビには辛い食べ物もダメ!

甘い糖分だけでなく辛い食べものもニキビを悪化させる原因に。適量なら問題ありませんが、たくさん食べると胃腸に負担がかかり消化機能が低下してニキビができやすくなってしまいます。

アルコールの摂り過ぎは厳禁!

アルコールを摂取すると毛細血管が拡張して皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰に分泌してしまうことがあります。また、炎症を悪化させてしまうこともあるので、ニキビができたときは控えた方がよさそうです。

btn-foot-kouso btn-foot-dha