282

妻必見!夫の健康を守れる食べ物とは?

夫にはいつまでも健康でいて欲しい――。そう願うならぜひ普段の食事に気をつけてあげて!男性がかかりやすい病気には食事などの生活習慣が大きく関係しているんです。食生活を改善することで夫の健康はきっと守れるはずです!

前立腺がんを防ぐために気をつけたい食べ物!

医療の進歩によって今ではがん=必ず死ぬ病気ではなくなりましたがそれでも毎年多くの方が、がんで命を落としています。年齢や性別によって気をつけたいがんの種類は異なりますが、中高年の男性に気をつけて欲しいのが前立腺がんです。統計によると男性のがん罹患数は胃がんに次いで前立腺がんが第2位。実は前立腺がんの患者数は年々増え続けています。それには社会全体の高齢化だけでなく、生活環境や食生活の欧米化が関係していると考えられています。特に注目されているのが乳製品。研究では牛乳・チーズ・ヨーグルトなど乳製品の摂取量が多い人ほど、前立腺がんのリスクが高くなることがわかっています。ただし、乳製品に含まれるカルシウムと飽和脂肪酸のどちらが影響しているのかはまだ不明とのこと。乳製品は骨粗しょう症や高血圧、大腸がんを予防するという報告もあり、一概に控えた方が良いとは断言できませんが、まずは偏った食事をしていないかチェックしてみたいですね。

前立腺は男性にのみある臓器

前立腺とは膀胱のすぐ下にあり精液の一部である前立腺液を作り、精子の運動機能を助けるはたらきをする臓器です。中高年男性は前立腺がんの他、前立腺肥大症という病気にも注意が必要。

前立腺がんの死亡数は乳がんとほぼ同じ!

日本では前立腺がんによる死亡数が増え続けています。男性のがんの中では6番目の死亡数で、乳がんによる死亡数とほぼ同じと言われています。

妻だからできる!食べ物で夫の健康を管理する。

前立腺がん以外にも男性が注意したい病気はいろいろあります。女性と比べて男性に多い病気として代表的なのが、痛風、アルコール性肝炎、心筋梗塞、尿路結石。がんでは肝臓がん、呼吸器がんに注意が必要です。実は男性がかかりやすい病気のなかには生活習慣病が多く含まれています。アルコール性肝炎や痛風、肝臓がんには飲酒習慣が深く関わっており、心筋梗塞には糖尿病や高血圧、高脂血症などが関係しています。
飲酒、喫煙、運動不足、食生活の乱れなどによって脅かされている男性の健康。しかし、言い換えれば男性の場合は生活習慣を改善することで防げる病気が多いということです。 働き盛りの男性は食生活が乱れがち。濃い味付けが好き、脂っこいものが好き、好き嫌いが激しい、そんな人は特に注意が必要です。「夫にはいつまでも元気でいて欲しい――」、そう思う奥様方は今日から食事内容に気をつけてみましょう。

カリウムを含む食品で余分な塩分を排出!

塩辛いものが好きだったり、血圧が高めだったりする人には、カリウムを多く含む食品を食卓に並べるようにしましょう。余分な塩分を体外に排出してくれるので、高血圧の予防につながります。

『まごわやさしい』でバランスの良い食事を!

食事のバランスをチェックするなら『まごわやさしい』を意識してみて。ま(豆類)、ご(ゴマ)、わ(わかめなど海藻類)や(野菜)、さ(魚)、し(しいたけなどきのこ類)、い(イモ類)が全て取れていればOK!

btn-foot-kouso btn-foot-dha