306

かかとケアは正しいやり方で行いましょう

肌が乾燥することで堅くなってしまうかかと。冬だけでなく夏も、ずっとサンダルで過ごしていると摩擦でかかとがガサガサになってしまう人は多いですよね。足をお湯にひたしてお湯の中で軽石で擦るという対処法をしている人はいませんか?実はそれ、間違った方法なんです。

何故かかとはガサガサになるの?

かかとに角質がたまってガサガサになってしまうのは『外的刺激』と『乾燥』が原因です。かかとは歩く時に最も体重がかかるなど、外的刺激をとても多く受ける部位です。そのため、衝撃や摩擦からかかとを守るために角質層は自然と厚くなっていきます。角質層が厚くなるにつれて角質層内にある天然保湿因子やセラミドはどんどん不足し、ガサガサになってしてしまうんです。特に空気が乾燥している冬場はかかとも乾燥しやすく、ガサガサが悪化してしまいがち。そんなガサガサしたかかとも、正しくケアすればスベスベにできるのですが、間違ったケアをしている人が意外とたくさんいるんです。例えば軽石でかかとをこするのは間違ったケア。軽石を使うと必要以上に角質を除去してしまい、防御反応から結果的にもっと角質層が厚くなってしまうんです。

足に合わない靴を履いているとガサガサが悪化する!

自分の足に合わない靴を無理して履いていると、足にかかる負担が大きくなり角質層が厚くなってしまいます。いくら素敵な靴でもデザイン性だけで選んではダメ。

冷え性の人はガサガサになりやすい!

手足が冷えるのは血流が悪い証拠。血流が悪いと代謝も悪化し、スムーズにターンオーバーができなくなります。かかとのケアだけでなく、血流が良くなるよう食事や生活を見直してみましょう。

正しいかかとケアでつるつるになろう!

自分でかかとをケアするときは、かかと専用のやすりを使うのがオススメ。やすりを使った正しいセルフケアの方法をお教えします。

①まずはケアの前にお風呂に入り、角質層を柔らかくします。
②お風呂から上がったら水気を拭き取って、やすりで角質を削り落とします。力を入れず一定方向に動かすのがポイント。
③一通り角質を落としたら目の細かいやすりで肌の表面を整えます。
④その後は化粧水やボディローションをつけ、仕上げにボディクリームやハンドクリームをたっぷり塗りこみます。
⑤乾燥が気になる場合はサランラップで覆い、その上から靴下を履けば完璧です。 通常、角質層のターンオーバーは2週間周期です。この周期以上のペースで角質を削る逆に角質はどんどん厚くなってしまいます。気になるからといってやりすぎは逆効果。必ず2週間以上間をあけてからケアするようにしましょう。

治らないガサガサは水虫が原因かも!

正しいケアをしていてもガサガサが改善しない場合は、水虫が発生している可能性もあります。他にも重度の肌荒れは皮膚病の疑いがあるので専門医に相談するようにしましょう。

日々のケアは保湿・保湿・保湿!

やすりを使って角質を削るのは多くても2週間に1度だけに。普段はお風呂で丁寧に洗って拭いて、しっかり保湿することを徹底するようにしましょう。

btn-foot-kouso btn-foot-dha