酵素の効果・効能と、効き目を実感できる飲み方

体内で作り出される酵素には、食べ物を分解する「消化酵素」と、吸収された栄養素をエネルギーに変える「代謝酵素」があります。体内酵素は加齢やストレス、食生活の乱れによって減少します。生きていく上で欠かせない健康を守ってくれたり、美容効果もある酵素はぜひ取り入れたいですね。ではどうすれば効率よく取り入れられ、効き目を実感できるのでしょうか?

酵素の効果・効能は、代謝アップで得られるいいコト全部!

代謝アップに大事なのは、なるべく消化の無駄をなくして消化に使われる酵素を節約し、代謝に使える酵素の量を増やすことです。 口から入った食べ物を分解し、栄養素を吸収できる状態にする働きを持つ酵素。

食べ物を消化して栄養を摂取するのが、生命を維持していく上では最優先事項となるので、酵素もまず消化に回されます。更に現代人の食生活は欧米化し加工食品が増えたことで胃腸への負担が大きくなりました。胃腸への負担が大きいということは、消化の負担が増えるということなので、消化によりたくさんの酵素を使ってしまいます。そして代謝に使う酵素が慢性的に不足してしまいがちに……。

そこで消化に使われる酵素を補い、代謝に使える酵素を増やす事が大切になってくるのですね。酵素が足りない!と感じた方はとにかく補うことです!食事や酵素サプリメントで積極的に補い、代謝アップを目指しましょう!

酵素は抗酸化も助ける。だから美容に効果的

抗酸化とは酸化を防止することにより、老化を防いでくれる作用です。呼吸して生きているだけで、体内では活性酸素が生まれます。活性酸素は免疫にとって有効に働くので健康のためになくてはならないものですが、増えすぎると健康な細胞を酸化させてしまいます。これが肌を老化させる原因なのです。 酵素の中には、抗酸化作用を持つものもあります。複数の野菜や果物などの原料で作られた酵素サプリメントには、抗酸化酵素も含まれています。だから、アンチエイジングに効果があるのです。

ラクして痩せる!?ダイエットにも酵素は人気

私たちの体は動かずにじっとしている時でも、生命を維持するためにエネルギーを常に消費しています。この消費カロリーを「基礎代謝」と言います。 例えば体重50Kgの人がご飯1杯分(252kcal)のカロリーを消費したい場合、ウォーキングなら約58分も必要です。運動でカロリーを消費するのは、実はとても大変なことなのです。
しかし、酵素で基礎代謝が上がれば、ただ生きているだけでより多くカロリーを消費してくれます。ラクして痩せられるなんて嬉しいですね!

どうせ飲むなら効果を実感したい。その飲み方とは?

代謝酵素の作用によって食べ物がエネルギーに変換され、筋肉を動かしたり、筋肉をつくったりしてくれます。 同じ量を食べても筋肉量の多い人は、少ない人よりも太りにくい。これは、何もしなくても筋肉自体がカロリーを消費する力が強いからです。 また、筋肉が付くことで自然と普段の生活の中でも動きが軽やかになり、運動量が増えます。 プロスポーツ選手と私たちのような普通の人との違いは、体内酵素によるものかもしれません。

しかし筋肉を使わない生活を続けると酵素の生産量が低下します。 ぜひ運動前に酵素を飲んで、しっかりと吸収されたところで効果を発揮させたいものです。 薬でも指定されている「食前」「食後」ですが、酵素ドリンクやサプリは医療品ではありませんので、瓶や箱に飲むタイミングを記載することはできません。 しかし記載できないだけであって効果的に飲むためのタイミングはあるんです!

飲む時間帯は、食前。

重要なポイントが、食前に飲むということです。
運動前に酵素を飲むのも効果的と書きましたが、朝食前が良いという説や空腹時ならいつでも良いという説、調べてみると色々ありますが、一致しているのは「食後、満腹時」を避けた方が良いだろうということです。満腹時よりも吸収が良いので効果的に力を発揮してくれると考えられています。 ただ、胃腸が弱い方や弱っていると感じた時などは、刺激にならないように少し食べ物を入れた状態で飲む、など自身の体調をみて臨機応変に飲んでくださいね。

カプセル、ドリンク、錠剤、どれがいい?

調べれば調べるほど奥が深い酵素ですが、正しく飲めば色々な効果が得られることが分かりましたね。 何万種類、何万個の酵素は、とっても働き者で、毎日体内の環境を整えることに力を注ぎます。 そんな酵素が不足すると、もちろん体調が崩れる、病気、といったことの原因になるのです。 やはり酵素を十分に体内に補給するためには、体外からの摂取が大事です。 そして、摂取された酵素はまた一段と働きを増してくれるのです。

btn-foot-kouso btn-foot-dha