309

ほうれい線は消す事ができる?

一気に老けて見えるほうれい線。これがあるだけで5歳は見た目年齢がアップすると言われています。出来てしまったほうれい線を消すことはできるのか、ほうれい線を予防する方法はあるのか調べてみました。とっておきの方法をここでチェック!

ほうれい線って何?できやすい人とできる原因。

ほうれい線とは鼻の両脇から唇の両はしに向かって伸びる線のこと。シワではなく頬の境界線なのですが、ほうれい線があるだけで顔はずっと老けた印象に。放っておくと年齢を重ねるにつれて、どんどん線が太く深くなってしまいます。ほうれい線ができるのは、基本的に年齢とともに肌の水分量が低下してハリがなくなり、たるんでしまうから。また、頬の筋肉が衰えることも関係しています。さらに、乾燥・紫外線・ストレス・睡眠不足・暴飲暴食などにより、ほうれい線の刻まれるスピードを加速させていきます。 ちなみにほうれい線ができやすいのは、目鼻立ちがはっきりして鼻筋が通っている人。皮膚の動きが激しいため若いうちからほうれい線が出やすいんだとか。また、パソコン作業で前かがみになることが多い人は頬がたるみやすい傾向にあります。他にも姿勢が悪い人や日焼けをしている人も要注意なタイプです。

ポニーテールでほうれい線になる!?

ポニーテールで髪を引っ張り上げているときは、むしろほうれい線は目立たちませんが、ほどいた時に引っ張られていた皮膚が戻る反動でたるんでしまうようです。

ほうれい線がある人は幸せな人かも。

ほうれい線は別名「笑いジワ」と呼ばれています。たくさん笑っている表情豊かな人ほどシワができやすいと言われており、ほうれい線があるのは幸せな証拠かもしれません。

ほうれい線を防ぐ方法、消す方法。

ほうれい線の予防や、すでに出来てしまったほうれい線を薄くするなら『べろ回し体操』がオススメです。やり方はとっても簡単。口を閉じた状態で舌先を上の歯と歯茎の間に入れます→後はそのままグルグル回すだけ!右まわりと左まわりを各20回行いましょう。舌先に力を入れて、頬を持ち上げるようにまわすのがポイントです。この体操はほうれい線だけでなく、二重あごの解消や口臭予防にも効果的。べろを回すだけの超簡単な体操なので、ぜひ実践してみてください。また、同時に身体の内側からケアすることも大切です。ビタミンA、C、Eの他、カルシウムや亜鉛は肌のハリに欠かせない栄養素です。また、肌の細胞を再生させてダメージを回復させるために欠かせないのが酵素です。食事で取ることを心がけながら、足りないものはサプリメントで補うのがオススメです。

■ビタミンA

ビタミンAはレバー、ウナギ、にんじん、のりなどに含まれており、肌の新陳代謝を促す働きがあります。

■ビタミンC

レモン、パセリ、いちご、ピーマンなど果物や野菜全般に含まれており、コラーゲンなどの吸収率を高める作用があります。

■ビタミンE

アボガド、アーモンド、レバーなどに含まれており、細胞内部の老化を予防する効果があります。

■カルシウム

骨を強くするだけでなく、皮膚の抵抗力を高める効果があります。炎症を抑え、肌を健やかな状態に導きます。

■亜鉛

牡蠣、レバー、するめ、牛肉などに含まれており、新陳代謝を活発にする効果があります。

c btn-foot-kouso btn-foot-dha