299

スギ花粉で花粉症を治せるサプリとは?

鼻水、くしゃみ、目のかゆみ……。ツライ花粉症を何とかしたいと思って花粉対策サプリを飲んでいる人も多いと思いますが、減感作療法を真似たスギ花粉を使ったサプリには要注意。過去には重篤な健康被害も報告されているようです!

毒をもって制す!?花粉症を花粉で治すという仕組み

一度発症したら最後、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状にずっと苦しめられることになる花粉症。花粉症にはマスクや鼻うがいで体内に入り込む花粉をブロックしたり、鼻水やくしゃみを抑えたりする対処療法が一般的です。しかし、そんな花粉症を唯一根治できる可能性があるのが減感作療法です。減感作療法とはアレルギー原因となる物質を少しずつ体内にいれて、徐々に増やすことで過敏な反応を減らしていく治療法です。この減感作療法は、精製した濃度の薄いスギ花粉を注射するなど専門の病院で受けることができます。100%花粉症が治るわけではありませんが、80%以上の人は多少なりとも花粉症の症状が緩和されると言われています。これまで日本では注射による治療しか認められていませんでしたが、スギ花粉においては2014年から舌の下に液を滴下する舌下療法が認可され減感作療法がさらに広がりつつあるようです。

減感作療法の歴史

減感作療法の歴史は古く100年以上前から同様の治療が行われていたと言われています。日本では漆職人が少しずつ漆を舐めることで、漆アレルギーを防いでいたという話も残っています。

減感作療法には色々な呼び名がある!

アレルゲン免疫療法、免疫脱感作療法、アレルゲン特異免疫療法と呼ばれることもあります。いずれも患者にアレルゲンエキスを投与し、アレルギー症状を緩和する免疫療法です。

減感作療法を真似たスギ花粉サプリには要注意!

減感作療法を用いたスギ花粉の治療は効果が高いとして注目されていますが、気をつけて欲しいのがスギ花粉で作られたサプリメントです。これは減感作療法と同じ考えで、あえてスギ花粉を摂取することでスギ花粉への免疫力を高めることを目的にしているのですが、自分の判断だけでアレルギー物質を摂取するのはちょっと危険。場合によってはアレルギー物質を体内にいれたことで、アナキラフィシーショックという強いアレルギー反応が引き起こされる可能性もあります。病院で減感作療法を行うときも初回は投薬から20分ほど病院内に待機し、副作用やアレルギー反応が出ないかどうか確認するのが一般的。減感作療法とはそれだけ慎重に行うべき治療なのです。実際、過去にはスギ花粉のサプリメントを飲んだ女性がアナフィラキシーショックで意識不明に陥ったという健康被害も報告されています。幸い命に別状はなかったそうですが、自己判断で安易に手を出さないよう厚生労働省も注意喚起を行っています。

花粉症の原因になる植物は60種以上!

スギ以外にもヒノキ、ブタクサ、ヨモギ、イネ、カモガヤなど花粉症を引き起こす植物は色々あります。日本国内において確認されているだけでも60種以上あるそうです。

沖縄にはスギ花粉がない!?

花粉症のなかで最も患者数が多いのがスギ花粉ですが、沖縄にはスギが植林されていないためスギ花粉の飛散はありません。また、北海道もスギ花粉の飛散量が少なく、関東・東海地方に多いと言われています。

btn-foot-kouso btn-foot-dha