296

サウナの入り方を間違うと体に悪いんです!

スーパー銭湯などでもお馴染みのサウナ。熱いのを我慢して汗をいっぱいかくと、すっきり爽快な気分になりますが果たして体には良いのでしょうか?意外と誤解されていることが多いサウナの本当の効果について詳しく調べてみました。

サウナにはどんな効果があるのか?

サウナに入ると体にどんないいいことがあるのか、効果とその理由についてご説明します。まず、サウナには汗腺トレーニングの効果があります。日頃から体を動かして汗を流している人は良いのですが、普段汗をかかない生活をしている人は汗腺の機能が弱って上手に汗をかけない体になっているんです。サウナは普段使っていない汗腺を強制的に使うことで、汗腺の機能を高める効果が期待できます。そしてサウナには体温を上げて免疫力を高める効果があります。体温の上昇は血行と代謝の促進にもつながります。また、サウナに入ることで体の血液循環が良くなり、軽い運動をした後のような心地の良い疲労感を得ることができます。この適度な疲労感によって、寝つきが良くなるので不眠解消にも効果があると言われています。

血圧が高めな人にもサウナはオススメ!

サウナに入った直後は一時的に血圧が上がりますが、その後は血管の拡張によって血圧が低下します。血圧が高い人も無理のない程度でサウナに入ると良いでしょう。

水風呂とのセットで自律神経が整う!

サウナと水風呂・水シャワーなどを交互に利用すると、交感神経と副交感神経がそれぞれ刺激されて、自律神経の機能を向上させる効果があります。

意外と多い、サウナ効果の勘違い!

ご説明した通り、確かにサウナには体にいい効果がいろいろあります。でも、サウナに入ることでデトックス効果が得られる、毛穴の汚れが落ちるというのは間違った認識です。そもそも体内の毒素はその大半が便と尿によって排出されるので、汗をかいてもデトックスの効果はほとんどありません。また、毛穴と汗腺はまったく別モノなので汗をかくことで毛穴の汚れが流れ出ることもありません。さらにダイエットを目的にサウナに入る人もいるようですが、汗をかいたからといって脂肪が燃焼されるわけではありません。ちなみにサウナに1時間入って汗をかいたときの消費カロリーは150~180kcal。1時間のウォーキングと比べてもやや少ないくらいです。サウナに入った直後は汗をかいたぶん体重は減りますが、体内の水分が一時的に減っただけなので、水を飲めばすぐ元に戻ってしまいます。もちろん、血行や代謝を上げる効果はあるのでダイエットに全く無意味というわけではありませんが、サウナは痩せるための場所ではなく、太りにくい体をつくる場所として考えると良いでしょう。

サウナをじっくり楽しむなら床面がオススメ!

サウナの内部が階段状になっている場合、場所によって温度が異なります。階段の上部は100度くらいですが、床面に近い部分は70度前後です。低温でじっくり楽しみたいときは床面に近い場所を利用すると良いでしょう。

死亡事故も発生!体に悪い入り方!

酔い醒ましにサウナに入るという人がけっこういるみたいですが、これは自殺行為。飲酒により体内の水分が不足している状態でさらに汗を流してしまうと血液がドロドロに。脳梗塞を引き起こしてしまう恐れもあります。

btn-foot-kouso btn-foot-dha