数ある酵素サプリを当サイト独自の目線でランキング

「酵素パワーのトップ!」「食物酵素」などの言葉でお馴染みの酵素ですが、最近では美容や健康に良いと言われていますよね。でも一体どういうものなのか、知らない方は多いです。酵素について知りましょう。

酵素とは?人間を動かす見えない労働者

酵素とは、体内で働くタンパク質です。人間は、それらを働かせることであらゆる生命活動を行っています。食べ物の栄養が燃料なら、酵素は無数の労働者といったイメージです。栄養を受け取った酵素は、それらを分解し、配分し、別のものに生成し、毒素を出し、体を維持します。
人の酵素酵素は、体内で生成されます。遺伝子から情報を受け取って、人独自のものが作られるのです。体内には、わかっているだけで2万種類以上の酵素があると言われています。
酵素には、大きく消化酵素と代謝酵素の二つの役割があります。消化酵素は栄養を摂取する工程のすべてに関わっています。代謝酵素は、体の細胞を作り、解毒、免疫、呼吸や運動などの化学反応に関わっています。酵素は生命力そのものと言ってもよいかもしれません。しかし、酵素は年齢とともに生成できる量が減っていきます。そこで、体内酵素を減らさないために、酵素の働きや生成を助ける(※原理は諸説あります。すべては解明されていません)というのが、酵素サプリメントです。アンチエイジング、ダイエット、美肌、様々な効果があると言われています。

通販で買える!おすすめの酵素サプリランキングTOP5

1位:みやびの植物酵素

rank-figure-01

種類も熟成方法も、総合的にナンバーワン

100種類の野菜や果物を、水も加えず自然発酵させて抽出しフリーズドライしています。素材は国内産の有機農法で作られたものだけが使われています。野菜や果物の、皮、種、葉、茎までそのまま使われています。発酵させるための菌をつけることはせず、水も熱も加えず二年間自然発酵させているそうです。価格の割に、効果が実感できたとの評判が高い酵素サプリです。酵素を一度試してみたいという方には、おすすめです。

1位に選んだ理由

酵素サプリはドリンクが多いですが、清涼飲料水として販売するためには、法律上、熱処理しなければなりません。でも酵素は熱に弱いのです。このカプセルは、低温製造でフリーズドライされているので、熱で壊れる心配がありません。乳酸菌やオリゴ糖も入っています。何より、コストパフォーマンスが優秀だと思います。初回は半額だし(2015年4月現在)、定額コースだとさらにお得。

2位:万田酵素プラス温

rank-figure-02

熟成期間が、他と比べて長いのが特徴です

53種類の野菜や果物、穀類を3年3ヶ月発酵させたもの。プラス温という商品名は、生姜入りであることからきています。冷え性の女性には、さらに代謝アップ効果が期待できますね。個装パックされているので携帯に便利。形状はペーストで、プルーンのように食べて摂取します。生タイプなので、酵素だけでなくビタミンやミネラル、ポリフェノール、アミノ酸など、様々な栄養を摂取できることが特徴。

2位に選んだ理由

これは賛否がわかれるのですが、私のお気に入りは味です!カプセルなどに入っていたり、ジュースで割ってあったりしないので、素材そのままの濃い味がします。見た目はまさにプルーン。ちょっと酸味があります。嫌いな人は嫌いかもしれませんが、何だかクセになる味です。それと、熟成期間は長いほどいいと聞くので、3年熟成もポイントです。一日単価はやや高いです。

3位:ベルタ酵素液

rank-figure-03

美容成分も入って、ダイエットと美肌をかなえる

プラセンタとザクロ入り。飲む美容液として有名な酵素ドリンクです。この他にカプセルタイプのサプリメントも販売されており、そちらは508種類の材料を使っているそうです。508種類の食材って、想像もつかないですね!ベルタ酵素は、加熱処理でも不活性化しないと言われています。第三者機関の試験で、平均4.4キロ、99%の人がやせたというデータがあるそうです。メーカーはこのドリンクによる一食置き換えダイエットを推奨しています。

3位に選んだ理由

体験者が多いことです。ネットでも雑誌でも、バンバン広告を打ちまくっている商品なので、酵素というキーワードに興味がある方は、見た事があるかもしれません。ファスティングダイエットは食べないダイエットなので、実行すれば99%の人がやせるのは、まあ当然かなとは思います。気になるのはその99%の人が維持できているかどうか。これは発表されていないのでわかりません。しかし、美容効果を感じている人は多いようです。

4位:生酵素サプリメント OM-X

rank-figure-04

世界で売れている実績ある酵素サプリ

20年の歴史がある酵素サプリです。世界で販売され、2008年から5年連続で『Better Nutrition』誌でベストサプリメント賞に選出されています。植物の酵素がそのまま効くというものではなく、体内の酵素の働きと生成を助けるという考えに基づいています。沢山の原材料を乳酸菌で発酵させ、「栄養を事前に消化して入れる」ことで消化を助けます。また、代謝酵素の材料となるビタミン、ミネラル、アミノ酸を届けて体内酵素の生成を助けます。体内微生物を活性化させるためのエサとなる、食物繊維や糖類も含まれています。

4位に選んだ理由

飲んだ酵素がそのまま働くのではなく、体内酵素を生成するための燃料を届ける、事前消化で消化酵素の働きを助ける、という点ですね。体内の酵素の力を上げることに注目しているので、説得力を感じます。あくまでもサポート役としてのサプリメントですね。3年発酵、5年発酵の2タイプがありますが、どちらも発酵期間が長いのが特徴。5年発酵の方が活性酸素の除去力があがるそうです。

5位:小林製薬 野菜と酵素

rank-figure-05

野菜の力と酵素の力を同時に

17種類の野菜、7種類の穀物を発酵させて取り出したグルコン酸の力を使って、腸内環境を整えるサプリ。グルコン酸は、下痢や便秘の予防、大腸がんの予防、血行促進、骨粗鬆症の予防効果があると言われています。これは天然ではハチミツやワインの中から少ししか摂ることができないので、たっぷり摂れるのは貴重なのです。発酵は、麹菌による糖化、酢酸菌による発酵と、二段階の工程を経ています。これによって栄養が引き出されるそうです。

5位に選んだ理由

発酵で得た栄養と、酵素、一挙両得を狙っているのが小林製薬の酵素です。わかりにくいかもしれませんが、飲んだ酵素が体内で働くという説と、働かないという説があるんですね。ですから、酵素系商品には、できるだけ多くの種類と数の酵素を体にいれようとするコンセプトのものと、体内酵素の生成や働きを助けるコンセプトの二種類があるのです。本当のところは、現在のところわかっていません。どっちもとるというコンセプトは新しいですよね。